エロゲーおたくの僕は優しくて何でも言うことを聞く妹の巨乳を両親不在の2日間に2.5次元過激コスプレで生ハメ攻略 羽月乃蒼


女子大生のさくらは、新宿の高級ホテルでの秘密のアルバイトをしていた。夜の仕事は彼女にとっては冒険のようなものだった。客室に足を踏み入れると、彼女はまず目を閉じ、深呼吸をする。そして、自分を落ち着かせ、自信を持って扉を開ける。

その夜もさくらは、ホテルの一室でのパーティーの手配をすることになった。ドアをノックすると、中からは賑やかな笑い声が聞こえてきた。彼女は自然な笑顔を浮かべて部屋に入り、パーティーの参加者たちに挨拶をする。

パーティーは盛り上がりを見せ、音楽が響きわたる中、さくらは客の注文に応じ、ドリンクを提供したり、食事を運んだりして回った。その様子はまるで舞台でのパフォーマンスのようだった。

やがて、パーティーも終盤に差し掛かり、参加者たちはだんだんと帰っていった。部屋が静かになると、さくらは一息つきながら、部屋の片隅に座り込んだ。しかし、そこで彼女が待ち受けていたのは、予想外の出来事だった。

部屋の奥から、一人の男性が近づいてきた。彼はさくらの顔を見て微笑み、静かに彼女に近づいてきた。その瞬間、さくらの心臓が高鳴り、彼女は身を引き締めた。
男性がさくらに近づくと、彼女は彼の眼差しを感じた。その瞬間、部屋中の空気が一変し、情熱的な雰囲気が漂い始めた。男性の手がさくらの頬に触れると、彼女の身体が火照り始めた。

彼の指先がさくらの肌をなぞる度に、彼女の息は荒くなり、心臓の鼓動が激しくなっていく。彼女は男性の温かい唇が自分の唇に触れるのを待ちわび、その瞬間を心待ちにしていた。

男性のキスは情熱的で、さくらを包み込むような温もりがあった。彼女はその感触に酔いしれ、身を委ねるように男性に寄り添った。彼女の手は男性の背中をなぞり、その筋肉の緊張を感じながら彼を求めた。

部屋の中には彼らの情熱的な吐息と、愛の言葉が響き渡る。さくらは男性に身を預け、彼の愛撫に応えながら、快楽に身を委ねた。時間の経過を忘れ、彼らは互いの肉体を求め合い、激しい情熱の中で絶頂を迎えた。

やがて、彼らは共に満足した笑顔を交わし、抱き合ったまま眠りについた。この禁断の瞬間を二人だけの秘密として、さらなる情熱的な日々が始まることを予感させる。


いいねと思ったら下のアダルトブログランキングバナーをポチッとお願いします。

アダルトブログランキング