りおさん


りおは、シャンプーの香りがふんわりと漂う浴室で、彼女の髪を洗いながら夢中になっていた。その瞬間、ドアが開き、彼女の上司である田中さんが現れた。彼は驚きを隠せず、りおの美しい姿に見とれてしまった。

彼の指先がりおの太ももに触れると、彼女の体が微かに震えた。彼は彼女の首筋にキスをし、彼女の肌が彼の触れるたびに火照っていくのを感じた。彼女の香りが彼の鼻をくすぐり、彼はますます彼女に惹かれていった。

りおは彼の腰に手を回し、彼の唇が彼女の全身を愛撫するたびに、彼女は彼に身を委ねた。彼らの情熱的な出会いは、彼らを別の世界に連れ去り、彼らの愛はますます深まっていった。

彼らは浴室からリビングルームに移動し、熱いキスを交わしながら服を一枚ずつ脱がせていった。りおの肌は触れるたびに熱を帯び、彼女の乳首は彼の指の愛撫に反応して硬くなった。

田中は彼女を壁に押し付け、彼女の首筋を舐め回し、耳たぶを優しく噛んだ。彼女は快楽に身を任せ、彼の強い腕に包まれて幸福感に包まれた。

彼らはベッドに倒れ込み、田中はりおの足を優しく撫でながら彼女の股間を愛撫した。りおは快感に耐えかね、彼の名を呼びながら身をよじり、絶頂に達した。

彼らは深く情熱的な愛を交わし、その瞬間は二人だけのものとなった。彼らの関係は禁断の果実のように甘く、同時に刺激的であった。


いいねと思ったら下のアダルトブログランキングバナーをポチッとお願いします。

アダルトブログランキング

マダム,素人

Posted by kokohenjp