失神するまでくすぐってみた ロリ貧乳がくすぐりで乳首ボッキで濡れまくり


彼女は小柄で華奢な体型の美しい女性で、友人たちからは「ちひろ」と呼ばれていました。しかし、彼女にはコンプレックスがありました。それは、自分の胸が小さいことです。周りの女性たちが豊かなバストを持っているのに比べ、彼女の胸は貧乳でした。

ある日、ちひろは友人たちとの遊びでくすぐり合いの話題が出ました。くすぐられるのが苦手だった彼女は初めは拒否しましたが、友人たちの説得で参加することになりました。当日、みんながくすぐり合う中、ちひろの番がやってきました。

友人たちはちひろの体を執拗にくすぐり始めました。最初は笑っていた彼女も次第に顔を歪め、苦しい表情を浮かべ始めます。くすぐられるのが苦手なだけでなく、胸が小さいことを意識して余計に恥ずかしい思いをしていました。

しかし、友人たちはやめることなく、むしろ彼女の反応を楽しんでいるようでした。ちひろは必死にくすぐりに耐えようとしましたが、ついに限界を迎え、体が硬直しました。気がつくと彼女は失神していました。

友人たちは驚いてちひろを助け、謝る言葉を口にしましたが、ちひろは泣きながら「私の胸が小さいから、くすぐられるのが辛かった」と告白しました。

友人たちは反省し、彼女を抱きしめて励ましました。そして彼女に自分の体が美しいことを伝え、貧乳だからといって彼女自身の価値が下がるわけではないことを伝えました。

その後、ちひろは自分の体を受け入れるようになり、くすぐり合いも楽しむようになりました。友人たちとの絆もさらに深まり、彼女は自分らしい笑顔で生きることを決意しました。


いいねと思ったら下のアダルトブログランキングバナーをポチッとお願いします。

アダルトブログランキング

SM動画,美乳

Posted by kokohenjp